質の良い睡眠は夢の内容も良くなる

起床する直前に見ていた夢の内容によって、目覚めの良さが変わってきます。
目覚めを良くするには部屋の温度も重要なようです。

最近はわりと夢の内容が良いので、目覚めも良く、朝から気分よく過ごせることができます。

目覚めを良くするには、他にも就寝時の状態を良くすることもあります。
就寝前に心が重くなるような話題を知ってしまうと、なかなかそれが頭から離れずに、睡眠にまで影響を及ぼしてしまいます。

また、起床する時と同じで、就寝時も部屋の温度が重要です。
熱すぎても、寒すぎても良い眠りはできないものです。

質の良い睡眠を摂ることができれば、長時間だらだらと眠らなくても、十分に疲れを取ることができます。

最近は温度差が激しいので、温度管理が難しいですが、なるべく睡眠に快適な環境作りをしていきたいと思っています。

また、寝る直前まで雑事に追われているのも、睡眠を妨げるようです。
雑事はなるべく早めに済ませて、就寝前の時間はゆっくりとくつろげるようにしたいと思います。